サッカー サッカー
競馬 競馬
テニス テニス
バスケットボール バスケットボール

史上最高のサッカー選手トップ10

27 9月 |
史上最高のサッカー選手トップ10
引用:Alamy Stock Photo

時代や国境を超えて、サッカー史に名を残した選手たちをランキングで紹介!

10位: アンドレス・イニエスタ

その華麗なボールさばきと安定した身のこなしは、まるでピッチでバレエをするかのように優雅であった。

アンドレス・イニエスタは全てを兼ね備えている選手で、必ずしもニュースの見出しを飾るような派手なプレーをするわけではないが、チームを支える重要な役割を担ってきた。

2008/09年チャンピオンズリーグ準決勝と2010年ワールドカップ決勝では、史上高のミッドフィルダーである彼の放った決勝点がチームを勝利へ導いている。バルセロナとスペインという世界最高レベルの2つのチームで、イニエスタはレジェンド選手としてファンの記憶に残り続ける。

9位: ロナウド

このロナウドは少し過小評価されているように思う。

もし、彼がクリスティアーノ・ロナウドと同じ「ロナウド」という名前でなければ、彼の功績は若い世代からもっと好意的に見られていただろう。「O Fenomeno(怪物)」と呼ばれたロナウドは、間違いなく世代ナンバーワンのストライカーだった。

このブラジルのトップストライカーは、518回の出場で352ゴール、つまり1試合平均0.68得点という驚異的な記録を残し選手としてのキャリアを終えた。これは、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドが現れるまで、サッカーの王様ペレに次ぐものであった。

8位: フランツ ・ベッケンバウアー

ドイツが生んだ伝説の選手で、フランツ ・ベッケンバウアーほどサッカー史に影響を与えたディフェンダーはいるだろうか?

バロンドールにも選ばれたベッケンバウアーは、元ミッドフィルダーであり、ディフェンスラインに「スイーパー」という新しいポジションを生み出した。彼がいなかったら今もこの役割は存在しなかったかもしれない。

彼はピッチ上の全てを把握し、チームを統率することから「デアー・カイザー(皇帝)」と呼ばれた。

彼は、マリオ・ザガロとディディエ・デシャンとともに、選手および監督としてワールドカップ優勝を経験したたった3人のうちの1人でもある。

7位: ジネディーヌ・ジダン

ジネディーヌ・ジダンの輝きは、間違いなく彼のキャリアのピークだった瞬間に詰まっている。

彼が決めた美しすぎるボレーシュート、つまり2002年のチャンピオンズリーグ決勝でのゴールは記憶に鮮やかだ。ロベルト・カルロスの高いクロスを空中から掴むと、ボールを左足でそのままゴールに押し込んだ。彼がこの全てを利き足ではないほうでやったということは、彼がいかに凄いサッカー選手であったかを物語っている。

6位: フェレンツ・プスカシュ

1945~1956年のキャリアの中で、85試合84ゴールを記録したプスカシュほど、当時圧倒的な強さを誇ったマジックマジャール(ハンガリー代表チームの愛称)の代名詞となる選手はいない。

1953年、ハンガリーが6-3でサッカーの祖国イングランドに土をつけた「世紀の対決」でも、主役を務めたのはプスカシュである。彼は1954年にハンガリー代表としてワールドカップで準優勝し、その後レアル・マドリードでも伝説となり、チャンピオンズリーグを3度、ラ・リーガを5度制した。

彼がハンガリー史上最高のサッカー選手であり、世界中の選手の中でも最も優れた選手の一人だったことは疑いようもない。

世界で最も市場価値のあるサッカー選手トップ10
サッカー 11 8月

世界で最も市場価値のあるサッカー選手トップ10

5位: ヨハン・クライフ

最強のオールラウンダーと言われるヨハン・クライフは、アヤックスでリヌス・ミケルス監督(当時)が志向した当時革命的であった「トータルフットボール」を体現した選手である。専門ポジションに捕らわれることなく流動的に動くトータルフットボールの戦術では、各選手に幅広い技術とスタミナが要求されるだけではなく、高いチーム力も不可欠。特に、クライフはピッチ上で自分が何をすべきか、どこにいる必要があるかをよく理解し、当時所属していたアヤックスがヨーロピアンカップ(現・チャンピオンズリーグ)3連覇を達成する立役者となった。

ポジション的にはクライフはセンターフォワードとしてプレーしており、爆発的なスピードと圧倒的な攻撃力も持ちながら、パスの精度も極めて高いものであった。1971/73/74年の3度、世界最優秀選手を意味するバロンドールに選ばれている。

4位: ペレ 

「サッカーの王様」と呼ばれたペレは、超人的なプレーを見せた最初のサッカー選手だった。 彼は、現在のメッシとロナウドのような運動面の強みはなかったが、それでも驚異的な数のゴール記録を残しキャリアを終えた。

彼はブラジル代表として92試合で77ゴールを記録し、先日ネイマールが半世紀ぶりにその記録を塗り替えるまで、ブラジル史上最多得点者であり続けた。そして、ペレが崇拝されるもう一つの理由に、クラブでの信じ難いほどの活躍がある。ブラジルのサントスとニューヨーク・コスモスで出場した計766試合で、ペレは709ゴールを記録した。

45年前にキャリアを終えたペレをメッシやロナウドと比較できるということは、彼がいかに優れた選手であったかを示している。5位のクライフが述べたように、ペレは「論理を超えたサッカー選手」だった。

3位: ディエゴ・マラドーナ

「神様」とこんなにも崇められたサッカー選手は他にいるだろうか? 

マラドーナ1998年の38歳の誕生日には、彼を崇拝する人々によってマラドーナ教会が設立され、信者は「D10S(ディオス:スペイン語で神の意)」という10の掟を守らなくてはならない。この掟は、「何よりもサッカーを愛すること」や「長男にはディエゴと名付ける」などという内容である。現在では世界中に10万人の信者がいるとされ、いかにマラドーナが偉大かつ尊い存在で、どれだけ多くの人々を魅了してきたかがわかる。

「5人抜き」のドリブル、完璧なボールタッチ、奇跡さえ起こす圧倒的なプレー。彼は昔も今も世界中を惹きつける唯一無二の存在だ。

2位: クリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウドは、常に自分の力でチームを勝利へ導くことができる選手として永遠に記憶されるべきだ。

ロナウドはおそらくチャンピオンズリーグ優勝メダルのコレクション数を5で終えるだろうが、彼がプレーしてきたチームは彼なしで優勝することは不可能であっただろう。チャンピオンズリーグでは合計140ゴールを決めており、歴代最多得点者となっている。さらに、レアル・マドリードでは出場した438試合で450ゴールという驚異的な記録を残した。この圧倒的なセンスを持つストライカーは、世界で最も影響力のある1人にも選ばれている。

端正な容姿と比類ないサッカーセンスを持つだけでなく、ストイックで常に努力を怠らず、かつ慈善活動にも熱心な彼以上に「スター」の名に相応しい選手はいないだろう。

1位: リオネル・メッシ

メッシよりも多くバロンドールを受賞した選手はいない。過去7度も世界年間最優秀選手となった彼は、その座を常にクリスティアーノ・ロナウドと争ってきた。

 

フランク・ライカールトはバルセロナの監督であったとき、メッシがあまりにも優秀だったため彼を「エイリアン」と言い表した。ペップ・グアルディオラ(現・マンC監督)も、2009年当時バルセロナでプレーしていたメッシを「今まで見た中で最高の選手」と評した。 また、2013年にはホルヘ・バルダーノが「メッシは毎日マラドーナだ。過去5年間、メッシはずっとメキシコワールドカップの時のマラドーナだった。」と、この上ない賞賛で称えている。

 

しかし結局は、メッシの輝きを真に説明できる言葉はない。彼は史上最高のサッカー選手であり、どんなレジェンド選手と比較できない。もはや、メッシであることが彼の凄さを表現する最も相応しい言葉なのかも知れない。

Betwayのサッカーベッティングでは、プレミアリーグやJリーグだけけでなく、世界中のサッカーリーグの各試合で豊富なマーケットと提供!早速、Betwayで最新のサッカーオッズをチェック!

TAGS
Betway Insider

Betway Insider

Betwayインサイダー は、様々なスポーツニュースやスポーツベッティングのヒントをお届けするBetwayの公式ブログです。サッカーや野球を始めとした世界中の幅広いスポーツイベントの情報だけでなく、Betway独占コンテンツなども提供しています!

Betway Insider

Betway Insider

Betwayインサイダー は、様々なスポーツニュースやスポーツベッティングのヒントをお届けするBetwayの公式ブログです。サッカーや野球を始めとした世界中の幅広いスポーツイベントの情報だけでなく、Betway独占コンテンツなども提供しています!